本当に効果あるの?水素水とパーキンソン病の関係って?

本当に効果あるの?水素水とパーキンソン病の関係って?

パーキンソン病

 

水素水は、体に良いと言われますが、とても小さな分子で、私たちの細胞の一つ一つを元気にしてくれるのです。

 

一方パーキンソンは、本来分泌されるはずのドーパミンという物質が分泌されなくなり、脳の神経物質が変性したり脱落するために様々な神経症状が体に出ることを言います。

 

この変性や脱落の原因はまだはっきりわかってはいません。現在パーキンソン病に水素水が効果があるのでは?と順天堂大学で研究がされています。

 

その結果、実際に効果があるようだということがわかって来たようです。その理由をご紹介します。

 

私たちの身体は日々錆びて来ている

 

わたしたちは年齢と共に体の中に活性酸素がたまります。

 

活性酸素は、血管や神経を傷つけて病気の引き金になることがあります。パーキンソン病も活性酸素と関係が一つの要因だといわれています。

 

その活性酸素は、体から排泄することが大切なのですが、実は脳にたまった活性酸素は排泄しにくいのです。それは活性酸素を排泄してくれる成分が、脳関門を通過できず、脳に届かないからです。

 

 

しかし、水素は分子が非常に小さいので、脳に届いて、そこで活性酸素の排泄に役立つのです。

 

水素水を飲むと、パーキンソン病を調べるテストの成績が向上?

 

順天堂大学の実施した実験では、水素水を毎日継続して1L飲み続けると、パーキンソン病の症状を調べる尺度テストの成績が向上したといいます。

 

それは水素水の働きで活性酸素の排泄が促されたのでは?という考えに基づきます。

 

パーキンソンと水素水の研究は進んでいますが、まだまだ症例数は少ないので、これからも研究が必要だとされます。しかしパーキンソン病のこれからに期待したいですね。

 

まとめ

 

水素水の歴史はまだまだ浅いです。しかし、日々の研究により、その効果が少しずつ分かるようになってきました。

 

パーキンソンは珍しい病気ではありません。誰もが発症する可能性もあるものですね。

 

そのためにこれからのメカニズムの解明にも期待して、日々の健康のために水素水を取っていってはどうでしょうか。