浸みわたる水素水は美容成分シリカを配合した高濃度水素水

痛風は酒飲みの敵!水素水で痛風をやっつける!

痛風

 

水素水の効果は老化の原因となる活性酸素を除去することです。

 

その水素水が「痛風にも効果があるのではないか?」と最近になって注目されてきました。

 

一見、活性酸素と痛風は因果関係がないように感じられますが、どうして、水素水が痛風に効果があると言われているのでしょうか?

 

ここでは、水素水と痛風について紹介していきます。

 

痛風の原因は?

 

痛風の原因は体内の尿酸の量が増えすぎてしまったことです。

 

通常、尿酸は体内でできた分だけ体外へ排出されるようになっています。しかし、体の中に尿酸が増えすぎてしまうと、体外への排出量と体内の尿酸の量のバランスが崩れてしまい、尿酸が溜まってしまうのです。

 

尿酸がたまって、体の中に活性酸素が溜まっている人は積極的に水素水を飲み、利尿作用を高める事が大切です。

 

また水素を体内に取り入れることで、消化吸収能力を高めてくれ、体の中に老廃物が溜まることも少なくなります。その結果、血液もサラサラした綺麗な血液に生まれ変わると言われています。

 

水素水で利尿作用を高める

 

痛風の治療方法としてとても大切な事は、血液中の尿酸濃度を下げることです。

 

血液がどろどろに粘りが出てくると、それだけ尿酸がたまりやすくなります。それを排出するには、とにかくたくさんの水を飲んで、おしっこを出すことが大事になります。

 

たくさんの水を飲んで、血液をさらさらにして、血流をよくして尿酸の濃度を下げるのです。

 

活性酸素が尿酸を除去する

 

そして、尿酸の結晶化を助けて痛風のリスクを上げているのが活性酸素ですから、酸化物を還元する必要があります。

 

 

水素水は活性酸素と結びついて水に変えて無害化してくれますす。さらに水素水自体が酸化還元電位の数値が低い水ですので、酸化物を除去するにはこれ以上ない性能をもった水なのです。

 

 

大量に水を飲むことが必要な痛風治療には、水素水は最適な水だといえるのです。痛風を治す鍵は水素水にあることを知ってほしいと思います。