えっ?水素水が糖尿病に効果的?生活習慣病を水素水でケアしよう

えっ?水素水が糖尿病に効果的?生活習慣病を水素水でケアしよう

 

糖尿病

 

健康や美容に良いと言われている水素水、今、とても話題となっていますよね。

 

そんな話題の水素水に生活習慣病の1つでもある「糖尿病」にも効果がある事がわかりました。

 

では、その水素水の力について見ていきたいと思います。

 

そもそも糖尿病の原因とは

 

糖尿病の大きな原因は血糖値が上がり続けてしまう事です。

 

健康なら、インスリンというホルモンが分泌される事で血糖値は抑えられます。つまり、インスリンが糖尿病を抑えるキーワードになるのですね。

 

 

糖尿病になる人は、そのインスリンが何らかの影響で少なくなっています。その結果、血糖値が抑えられなくなると糖尿病となってしまうのです。
インスリンは、β細胞と呼ばれる細胞から分泌されます。しかし、体内に活性酸素が増えてしまうと、β細胞は活性酸素により傷つけられ、
インスリンを分泌させる働きが弱くなってしまいます。

 

活性酸素は、最近、よく耳にする言葉ですが、細胞などを酸化させてしまい、老化の元となる物質です。

 

水素水はどんな働きをしてくれるのか

 

では、水素水は糖尿病にどのように効果があるかというと、水素水の働きとして、有名なのが活性酸素を取り除くという事です。

 

水素水は、酸化の原因となる活性酸素を水に変えると言う働きがあります。ということは、インスリンの分泌を弱めてしまう働きのある活性酸素を除去してくれるわけですね。

 

糖尿病の治療と言うと、糖分をとらない事をメインとしていましたが、水素水を使用する事で、インスリンの分泌を高める事をメインに治療出来るのです。

 

効果的に糖尿病に水素水を利用するには…

 

糖尿病の治療や予防は、水素水が効果的だとわかりました。実際に水素水を毎日、取り入れる事で血糖値が下がったという声も多数あります。

 

ただ、糖尿病の改善には生活習慣を改善することが大切です。

 

水素水を飲んだからといって糖尿病が治るわけではありません。食事や運動など、生活習慣を変えなければ根本的な解決にはなりません。

 

水素水はあくまでも、補助的な要因であると考えておいたほうがいいでしょう。